« 被爆イベントが福島で開催! 女性自身記事より | トップページ | 狂いはどこからやって来るの? それともこれが本質? »

2015年11月25日 (水)

原田 武夫氏の安部首相に出した公開書簡

826

元外光官僚が提出した公開書簡


http://haradatakeo.com/?p=60502

 原田 武夫と言う人物が、2015年11月1日安倍晋三総理大臣への公開書簡というものを書いている。ウェブ上では拡散が叫ばれているが、内容を見て、私は驚いた。 このなことに触れている文章なんて、少なくとも、マスコミといわれるところから、そんな噂すら聞いたこともない。

 この原田武夫なる人物はどんな人かと言えば、元キャリア外交官だという。外務省に外務公務員Ⅰ種職員として入省。12年間務め、アジア大洋州局北東アジア課課長補佐(北朝鮮班長)を最後に自主退職していると資料に書いてあった。現在、原田武夫国際戦略報研究所の代表らしい。

 といいうことは、単なる言ではないはず…。ならば、同氏が名前をあげている安倍首相は、馬鹿か気違いかということになる。こには何が書いてあって、私はおどろいたかと言えば、福島第一救済のイノべーションを安倍首相に伝えたというのである。

 そして、安倍首相は、原田氏にこう答えたそうである

「これ、本当かい?本当に実現するならばすごいことだね。ウチの事務所には経済産業省OBが公設秘書として勤めているから。彼にきっちりとこのことは伝えておくよ。」

 こう安倍氏は語りながら、何も実行していないようである。それで、原田氏は、今回、アドレスにかかれたような航海質問状を安倍氏にあてて書いたというわけである。その内容が、驚くべき内容だったので、シェアしたいので転載させていただく。以下、部分転載である。

「この技術についてはあの会談の当初、検証、すなわち再現性の確認という意味で未だ問題があったことは事実です。また、(技術的な話になってしまい恐縮ですが)厳密な管理下におかれるべきトリチウム水での実験は、行っておらず、その同位体である重水による実験のみが成功裏に終了していたのでした。

 その後、開発者たちは我がでも有数の最高学府に付属する研究施設とのコラボレーションを完全に自力で実現し、ついには「純粋なトリチウム水を65パーセント減容化すること」にまで成功しました。「100パーセントではないのか?」と言われるかもしれませんが、科学者の皆様は全員知っているとおり、そもそも「65パーセント減容化」であっても、人類史上初の出来事なのです。

 このことが如何に強烈なインパクトをグローバル社会全体との関係で持つのかは、縁あって小生がお世話になることになった我が国有数の検証機関である公益財団法人の理事長様が先般述べられていました。何かと閉鎖的な我が国アカデミズムや産業界のみならず全世界の名だたる検証機関にネットワークを持っている御方です。ちなみにこの理事長様は小生に対してこうおっしゃられていました。

 「まずは福島第一原子力発電所から日夜大量に発生しているト
リチウム汚染水の処理のためにこの技術を用いるのが良いだろう。しかし本格的にその広範な応用可能性を全面開花させたいというのであれば、未だに解くことが出来ていない原子力発電力を巡るバックエンド問題にこの技術を投入するのが良いと考える」

 と、こう原田氏は総理に言ったらしいのですそれは、誰が聞いても絶望から希望の灯が見えてたようなものではないか。ところが、どうやら、この人類史上初めて挑戦できる「純粋なトリチウム水を65パーセント減容化すること」ことに対して何の返答も、かつ何の行動も取っていないらしいことが、原田氏をもって、この公開状を書かせる動機となったようなのである。

  原田氏は、語っている。
「アメリカが日本を疑問視しているのは
二つあるという。一つは、余りにも杜撰な「異次元緩和」を日本銀行が“アベノミクス”の一環として行ったことで、日本銀行自身のバランス・シートがもはや修復できないほど歪んだものになってしまったことだという。余りにもこのバランス・シートが歪んでしまうと、米国にとって不都合なのだと言う。

 「米国が求める時には何時如何なる時であろうとも、求められただけの金額のマネーを米国に対して提供する」という戦後一貫して“日米同盟”の根幹として維持してきた役割を果たすことが出来なくなる。」ということ。日本銀行のバランス・シートは歪んだままであれば、この意味でアべノミクス”の将来はかなり危機的になっていると米国の真のリーダーシップは考え始めているのです。それがまず第一点。そしても米国が気にしている第二点目は、東京電力福島第一原子力発電所の現状についてのことだという。それは、最も注目しているのは世上しばしば語られている「二号機」ではないのです。むしろ表向き“特に問題は無い”かのようにマスメディアでは取り扱われてきた「三号機」こそ、その関心の的なのです。 

 端的に申し上げましょう。米国はその軍事技術を駆使することとてで、我が国政府及び東京電力が全く把握出来ていない「三号機の炉心がメルト・スルーし、どの深さまで地中に落ちていってしまったのか」を把握し始めています。そしてこれが公表された暁には、「フクイチ」の問題がこれまでの我が国当局が見せてきた対応のように、徐々に声を静めて行けばよいような代物ではなく、正に文字どおり「人類全体の存亡にかかわる問題」であるという事実が露呈し、私たち日本人が「なぜこれまでこのことを隠してきたのか」と万邦の人々から非難囂々となることを米国は今から知っているのです。」
 

 トリチゥムが60%も除去できるならば、除去できる可能性があるのなら、安倍氏は、なぜ、すぐ対応してくれないのだろうか。知っていて、無視するのか…不可思議な態度。それとも、これを聞いても、どうしていいのか分からないのだろうか。この間、不思議だったのは、こんな画期的なニュースなど、まったく、マスコミから上がってこないことだ。

原田氏は、こう結ぶ。

 「ある時から福島第一原子力発電所とその周辺では不可思議な霧が晴れることがなくなりました。その理由も米国は知っています。「二号機」のみならず、「三号機」におけるこうした決定的な事態の進展とその放置により、地下水だけでは足りず、施設周辺の大気中にある水分まで反応し始めてしまったということなのです。

 その結果、トリチウム汚染水は、当初想定をはるかに超え、無尽蔵に産出されてしまっているのです。総理、貴職はこのことを必ずや既に知っているはずです。仮に知っていないのだとすれば貴職にこの最重要な情報と分析を知らせようとしない官僚集団をすぐさま解任すべきでしょうし、仮に貴職自身がこれを把握しているにもかかわらず「隠蔽」を指示しているのだとすれば、国民との関係において決定的な背信行為です

 いずれにせよ誠にもって忌むべき事態ですが、小生は貴職に対する最後の望みとしてこの2つの内、最初の事態であることを辛うじて期待しています。」と…。                   (引用終わり)

 このブログは、インターネットで、どんどん拡散されているらしい。しかし、そんなに目に触れた記憶はない。こんな背信行為が、ショッキングなことが、正々堂々とまかり通っている。ブログの全文は、アドレスが張ってあるので見てくれるでしょう。もう大部前の更新ですが、そのあと、何も起きている様子もないので背信行為は、未だに続いているのだろうか。

******************************

(あとがき)

☆ブログやっと更新しました。何か、パソコンに問題があるのか、何だか下に線が引かれてしまいます。特別な意図はありませんが、読みにくくてもうしわけありません。今後、気をつけます。

|

« 被爆イベントが福島で開催! 女性自身記事より | トップページ | 狂いはどこからやって来るの? それともこれが本質? »

原発・放射能・甲状腺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1886448/62668244

この記事へのトラックバック一覧です: 原田 武夫氏の安部首相に出した公開書簡:

« 被爆イベントが福島で開催! 女性自身記事より | トップページ | 狂いはどこからやって来るの? それともこれが本質? »