« 再掲載: 福島第一原子力事故と私の接点(3) | トップページ | 甲状腺患者から見えた原爆事故(5)あすか製薬のニュースリリース »

2016年7月22日 (金)

甲状腺患者から見えた原発事故--患者としての体験(4) 

Cocolog_oekaki_2016_07_22_14_24



■あすか製薬のニュースリリース

あすか製薬も2011年3月18日からインターネット上にプレスリリースを次々に掲載していた。

3月18日 第一報として供給困難のお詫びと供給再開へ全力で取り組んでいる。その方法とし
て①製造委託会社による生産②海外製品の緊急輸入③いわき工場の操業再開としている。

3月19日 いわき工場の操業再開について進展があった。チラージンを製造していた第1製剤棟は、被害状況が軽微であることが判明。工場内のチラージンの原料は確保できた。製造に不可欠な物資(重油の必要量200ℓ/日、水の必要量2000ℓ/日)について調達の見込みがついた。

3月25日 今回の震災に伴い、いわき工場の製造設備および立体倉庫が損傷したが、復旧に向けて全力で取り組み、本日より「チラージンS」の生産、出荷を開始したことをお知らせするが、生産体制は充分ではないので、ご理解ご支援お願いしたい。(ここで、立体倉庫が損傷したことは認めているのだ。)

4月1日 「サンド社の協力を得て、ドイツから輸入された「レボチロキシンナトリウム製剤」を販売することをお知らせする。「チラージンS」の生産、出荷を開始したものの、いまだ通常の生産体制には至っていない。鋭意努力して参るが、ご支援ご理解お願いしたい。(こう当初、あすか製薬は言っているものの、今年になって分かったことは、緊急輸入について、輸入者も販売者もサンド社、あすか製薬は発売者なのである。そして、この緊急輸入は、原発事故後一週間以内位に、あすか製薬がサンド社本社に依頼したところから始まっていた。しかも、この件に内分泌関係五学会が、強力なバックアップをしたことも分かった。私達患者も医療関係者も、厚生労働省が指導した公的な輸入なのだと、根拠もなく信じていた。このことは、後に詳述する。)

4月7日「サンド社から第一便(86万8百錠)が入荷した。今後、五週間をかけて緊急輸入品として5000万錠が順次入荷する予定。4月8日から緊急輸入品の出荷を開始し供給を図っていく。いわき工場では「チラージS錠」の生産を再開し、四月下旬には通常の生産体制に復帰できるよう計画を進めているので、引き続き支援をお願い申し上げる。」

以上の趣旨掲載していたことをまとめてみたが、3月18日のあすか製薬のプレスリリースを見て、まず、私が思ったことは

○製造委託工場とはどこにあるのかということ
○なぜ、あすか製薬はわざわざ安全な海外製品を汚染リスクがある場所に持ち込むのか。
○いわき工場を再開するって言っても、いわき市の雑草から690000ベクレルのヨウ素が検出されているし、セシウムは多いときで30100ベクレル検出されている。

であれば、いわき工場が安全と言いきれるのか。という疑問だった。

こうした疑問を貯めて、あすか製薬の薬相談室に電話を入れたのは3月28日だった。(次の診察日までは1ヶ月あったので、対応を考えれる時間的余裕はあった。)

3月28日 薬の製造年月日についての見方から聞いた。原発以前のものか原発後のものか判断するためだ。それと、新しい製品となるのは四月の下旬からという情報も得た。放射線の危惧に関しては、「ここは58キロ離れているので大丈夫。」との回答。放射線検査もしているし、何か問題があればその都度対応する。委託会社はどこに立地するのかは企業秘密であるとのこと。福島県ではないことだけは、確認した。

 
■武田薬品に緊急輸入製剤の汚染地区への搬入回避を要望


輸入品については、あすか製薬に要望しても無理だろうと推察したので、同日販売を担当すると聞く武田薬品工場に電話を入れた。


3月28日 武田製薬に輸入製剤の安全性について「いわき市の雑草の放射線値が目眩が出そうな値になっている。あすか製薬は58キロ離れているから安全だと言っているが、放射能事故があったのだから、軽々に安全と言い切れない。甲状腺患者は、毎日恒常的に薬を飲まなければならない。第一、なぜ、緊急輸入品を汚染リスクのある場所に運ぶのか。販売は御社がしているというのでたずねている。」と聞いた。「製造はあすか製薬、販売は武田が責任を持っている。緊急輸入製剤の件は何とも答えられない。ただ、安全性については、弊社も責任は共有するので、一応意見として上部組織にあげておく。」との回答だった。


武田製薬への電話で、緊急輸入品は、あすか製薬に原則的には運び込むという情報を得た。ここから、輸入製剤を一過的には使用しても緊急だから一過性のものだろう。これから将来放射線の内部被曝のことを考えた時、恒常的に毎日製剤を飲まなければならない。やはり、薬を2%のシェアの会社に変更しなければならない、あるいはしたいと私は決意した。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

☆ブログ更新しました。

☆これは、かつて書いたものを再度書いています。それは、もはや原発事故なんて何もかったかのような対応をしている政府や経済界に対する反発です。

☆デブリも見つかっていない実態の中で、五年で放射線が消えてしまうわけもないのに…。

|

« 再掲載: 福島第一原子力事故と私の接点(3) | トップページ | 甲状腺患者から見えた原爆事故(5)あすか製薬のニュースリリース »

原発・放射能・甲状腺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 再掲載: 福島第一原子力事故と私の接点(3) | トップページ | 甲状腺患者から見えた原爆事故(5)あすか製薬のニュースリリース »