« 甲状腺患者から見えた原発事故--患者としての体験(8)  | トップページ | 県から届いた「甲状腺検査必要ない」の仰天通達 前編(女性自身から) »

2016年9月11日 (日)

福島直後に東京線量予測 最悪「100ミリシーベルト」

Cocolog_oekaki_2016_09_11_17_46


http://this.kiji.is/102300098987197949

米高官、福島直後に東京線量予測

最悪「100ミリシーベルト」

2016/5/9 16:38【ワシントン共同】

オバマ米政権で科学技術政策を担当するホルドレン大統領補佐官が、東京電力福島第1原発事故の直後、放出された放射性物質の影響で、最悪の場合、東京での被ばく放射線量が「数週間で100ミリシーベルトかそれを超える」恐れがあるとの予測値を他の米高官らに示していたことが9日までに分かった。国務省が2月に公表したクリントン前国務長官の在任中の電子メールに含まれていた 

100ミリシーベルトは一般の年間被ばく限度の100倍、同事故収束作業員の5年間の被ばく上限に当たる。(転載終わり)

☆☆☆

こんなニュースが出ました。今、こんなニュースが出ながら、まだ福島県立医科大は、甲状腺ガンの影響は、外部被ばくではなかったとのたまわっているとか…今年も福島の海水浴場では、海開きがあったのだろうか?

|

« 甲状腺患者から見えた原発事故--患者としての体験(8)  | トップページ | 県から届いた「甲状腺検査必要ない」の仰天通達 前編(女性自身から) »

原発・放射能・甲状腺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1886448/67447167

この記事へのトラックバック一覧です: 福島直後に東京線量予測 最悪「100ミリシーベルト」:

« 甲状腺患者から見えた原発事故--患者としての体験(8)  | トップページ | 県から届いた「甲状腺検査必要ない」の仰天通達 前編(女性自身から) »