« 2017年2月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年3月

2017年3月11日 (土)

650シーベルトもある福島第一原発・それでも帰町を強制する楢葉町!

Sizup1_2


先の記事で、福島第1原発2号機の格納容器にで、2017年2月9日推定650シーベルトと事故後最高記録を測定したことをブログに書いた。しかし、その答えは、少なくてもメディアからは何の反響もなかった気がする。


それで、どうするの? 福島復興って…650シーベルトもあった燃料デブリはどうするの?
数十秒で人が死亡するレベルの数値なのに、誰もそれに触れない。
廃炉作業はとんど不可能となってしまった。地震が次に起きたらどうするのか…ということは、現実的テーマなのに、そのことすら無視しているのか、誰も何も語らない。

一方で、こんなニュースが3月7日、河北新報から流された。楢葉町の町長がこんなことを語った。それを掲載させていただく。楢葉町は今春を「帰町目標」にしている。

  避難解除>帰町しない職員 昇格させない

河北新報 3/7(火) 11:19配信
 
東京電力福島第1原発=2016年11月

東京電力福島第1原発事故に伴う避難指示が2015年9月に解除され、
今春を「帰町目標」に掲げる福島県楢葉町の松本幸英町長が、町職員
への対応で「帰町しない場合、昇格・昇給させないようにしたい」との趣
旨の発言をしていたことが6日、分かった。(引用終わり)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

650シーベルトもあった燃料デブリ…そんな数値も現実などなかったかのように帰町は平然と進められている。今日は原発事故から6年…何も変わっていないし、むしろ、ひどくなっていないか? そんななかに強制的に戻させるということは、どういう意味なのだろう。

燃料デブリで汚された土地、地下水…水一つとっても人が住めるところだというのだろうか。それでも、政府は帰れという。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ブログ更新しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年2月 | トップページ | 2017年5月 »